取扱説明書|高速バス・夜行バスの運行するベイラインエクスプレス株式会社

ベイラインエクスプレス株式会社

サイトマップ | 個人情報保護方針

お電話でのお問い合わせはこちら:044-276-0077

安全への取り組み

取扱説明書

整備課の真野です。

今回の安全は、車両の装備品「取扱説明書」についてお話したいと思います。

これを読まれている皆様方は、取扱説明書をお読みになりますか?

私は一見して、手に負えなそうなものに対しては取扱説明書を一読するようにしています。

びっくりしたのは、最近の携帯電話「スマートフォン」などは取扱説明書が無いのです。

それを知って、スマートホンを持っている妻にどうしているか聞いてみたところ、

「いじり倒す」だそうです。私の持っている携帯電話「ガラケー」なのですが、

説明書だけで厚み3cmの本が2冊もついていました。「装備機能」などは、使い切れてません。

 

話が逸れてしまいましたが、バスにも「取扱説明書」があります。

この「取扱説明書」には、意外とためになる事が書いてある場合があります。

例えば、メインパネル上に表示される、警告灯の名称や、どの部分が不具合なのか

なんとなく表示灯の絵柄で分かるのですが、厳密なところなに?どうすればいいのか?

などの答えが載っていて助けてくれる事があります。

また、各油脂類の交換時期や使用量なども載っています。

燃料タンクの容量なども記載してあり航続距離なども計算できます。

その他にも、安全に運行できるようにアドバイスなども書いてあります。

 

もし、よろしければ皆様が乗られている自家用車の「取扱説明書」なども

一度も開かないまま車検証と一緒にグローブボックスの奥にしまい込んであるようならば

引きずり出して一読されて見てはいかがですか?

何か新しい発見や、今まで間違った使い方をしていたり、車検、点検などで修理屋さんに

言われるがままに、交換していた油脂類や定期交換部品なども、ある程度交換時期を把握していれば

車検などの際の出費が抑えられるかもしれません。

ご参考になるかは分かりませんが、今回は「取扱説明書」の活用法でした。

今回これにて失礼いたします。

記事一覧に戻る